「ほっ」と。キャンペーン

ありけんエッセイ集


有田健太郎のエッセイコーナーです
by ak_essay
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ありけん、南方ツアーに行く 【2】

高校の時、ふらり入ったのは『ライブスポット昭和』という福岡市天神にある老舗のライブ喫茶だった。
店の前でしばらく迷った後、すごく勇気を出して入ったんだ。

初めてと悟られないように知ったふりして座ったシート
タバコの煙で柔らかくなってるダウンライト
無愛想な店員
スポットライトで浮かび上がったシンガー
うわぁ〜

全てが期待に満ちあふれて、それはキラキラ新しい世界だった。


高校の部活を引退した後に買ったギターは、一万九千円の安もの。
2弦の19フレットの音が出なかったし、チョーキングすればペグも回った。
だけどそんなことは構いやしない。
本を片手にコードを覚え、レッスン40まであるのにレッスン5で本の言うことを聞かずに曲を作り始めた。

高校を卒業したある日、飲み会で中州に行った。
その帰り道、雑踏にまぎれて『レット イット ビー』が聞こえてきたんだ。
歌に誘われて川のほとりの暗闇のベンチ。
一人の男が、ただただ歌っていた。
僕は男からは見えないところで、その歌をこっそり聞いた。

いいな

あれからどれだけの月日が流れただろう。
2/2(土)、西中洲TUPEROでライブを終えたありけんは、幸せでした。

みんな、聞いてくれてありがとう。



2/4(月)午後に時間を作れたありけんは、やっぱり海に向かっていた。
関東は大雪らしく、福岡もかなり寒かった。

海の中道へ向かう香椎線は3両編成。
そのうち僕の乗る車両の乗客は、僕一人だけ。
香椎線、大丈夫かな、、

海の中道駅で降り、海浜公園経由で海へ行こうとしたが運悪く休館日。
少しも残念だと思わず、すぐに線路脇のぼろ道を進み、線路を渡り、フェンスを越え、松林を歩き始めた。
松林は歩きやすく、地面は細かい落ち葉でふかふかしている。


e0071652_2351585.jpg
【やっと見えた】



いつ見ても、「うわぁ〜」ってなるよね。
だけど見えてからが意外と長いんだ。


e0071652_2391664.jpg
【荒野の消火栓。水出るとかいな?(笑)】



丈の短い1年生草本の枯れ枝をバキバキと踏みながら進む。
ここはまるで荒野のよう。


e0071652_23423650.jpg



ついたー!
誰もおらんよ。
なんてったって国定公園やけんね(なぜお前がいる!)

しかし風が強い。


e0071652_23451147.jpg
【ハリセンボン(ふぐ)?産卵を終えたのかな。
力つきたハリセンボンがたくさん打ち上がっている。】



可愛い顔しとうよね。
さわったら、やっぱり痛かった。

おつかれさま。

(後々調べてみたら、日本近海にたくさん生息しているらしい。
特に日本海側の冬場は、季節風により海水温の変化が激しくなり、弱ってしまってよく打ち上げられてしまうらしい。
うう〜、助けてやればよかった(><))



e0071652_2348950.jpg
【漂流物は彼方から】



浜辺にはたくさんの漂流物。
瓶やペットボトル、サンダルに、ヘルメット、噂の青いポリ缶、ブイや木片などなど。

だけど砂浜は、構わずに全部飲み込もうとしていた。

飲み込んでから数百年、数千年。

きれいになっていますように。


歩きすぎるとすぐ帰り道が分からなくなるので、目印の線を引き、棒を立てる。

砂浜ってどこまでも歩いてゆけるよね。

波打ち際、松の植林失敗の荒野、さらさらの砂の上、しっとり砂の上。

ふらふらサクサク好き勝手に。


どうせならダイヤとか、手紙入りのビンとか流れ着いてればいいのにね。

たくさんある小さな貝殻の中から、桜色を一つ見つけた。

いつの間にか満ちて、いつの間にか干いて、そんな海をさまよってここにきたっちゃろうね。

僕も似たようなもんだ。

偶然やね。


カモメが2羽、打ち上げられたハリセンボンに挑戦している。
トゲだらけできっとランチにならんよ。



心底冷えてきたのでそろそろ戻ろう。

振り返れば、、足跡。


e0071652_0193673.jpg



海と波が線、空と雲が立体

見上げる僕は中心

行く先は、、やっぱり彼方


e0071652_0333035.jpg
【寝ても、、やっぱり寒いのです(笑)】






『ありけん南方ツアーに行く』 おわり
[PR]

by ak_essay | 2008-02-15 22:46
<< 真夏の闇とオレンジ ありけん、南方ツアーに行く 【1】 >>