ありけんエッセイ集


有田健太郎のエッセイコーナーです
by ak_essay
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ありけん、南方ツアーに行く 【1】

2007年12月7からスタートした、3ヶ月に渡る『行く先は彼方ツアー』。
後半戦の始めは、福岡、山口へと行ってきました。
真冬の福岡は、、
それはやっぱり寒いのです!

今回もたくさんの出会いと、たくさんの応援を受けました。
関わってくれたみなさん、本当にありがとう。


19歳まで福岡で過ごしたありけんは、故郷でのライブは3回目。
初めてのライブは高3の時の『プーア スインダラーズ』。
ギターをベースアンプにつないでたな(知らずに)。

2回目は予備校の時の『ヨゼマーズ』。
いきなりオリジナルをやったなぁ。
ひどかった。。

しかし、有田健太郎としてステージに立つのは初めてで、念願のライブだったんだ。
1/30(水)に実家の福岡に帰省し、1/31に山口県周南市にライブのため向かった。


e0071652_116769.jpg
【姪の足。ほっぺもふにふにで、かわいいんだ(笑)】



実家に帰ると家族が集まってくれた。
弟の娘『ゆいの』(5ヶ月)と初対面。
ほんと、かわいいんだ。
抱いたら泣かれました。(>_<)


1/31(木)朝8:00に実家を出発。
博多発の高速バス『周南ライナー』で徳山へ向かった。
乗客は5人と少なく、3時間の車窓も飽きることはなかった。


e0071652_154450.jpg
【周南ライナー、、全席ほぼありけんシート】



12:20に徳山駅に着いたありけんは、入りの16時まで4時間の待ち。
眠いよー。
このバスしかなかったからな。。

お昼を食べようにも店があまり無い。
商店街をあちこち歩いていると、リヤカーの物売りのおばあさんとやたら出くわすんだ。
今日は売れんっちゃろうね。
あちこち場所を変えて、その度僕と出くわすんだ。
おかしくなって、ついに小エビの干したやつ(1000円)を買ってしまった。
後々、すごく美味しいことが判明(笑)。

徳山の東は工業地帯、大きな煙突からはもくもくと煙が出ている。
歴史を感じるなぁ。あそこに行ってみたい。

やっと見つけた定食屋でお昼にした後、雰囲気のいい喫茶店に入った。
そこでダイレクトメールを作成。
事務仕事を終えたありけんはいざ周南rizeへ向かった。

高瀬ひろみつさん、あすなろさん。いや〜、よかった!

自分は120%で向かったのだけど、、こけてしまったかな、、(笑)
聞いてくれた方々、ありがとう!(Fromよこはまさんへ、父来ました)


e0071652_111256.jpg
【フライングたんぽぽ。1/31(木)福岡から山口県周南市へ向かう途中のサービスエリアにて】



22:00ライブを終えたありけんは安ホテルへ戻るが、もやもやしていた。
それはきっと、ライズで思いどうりのステージができなかったからだ。

んん〜…不完全燃焼。

気になる店があった。
ライズのすぐ近くに『フォークソング』というライブバーがあったんだ。
昼間に入った喫茶店のおばさんにも「フォークソングでやるんでしょう?」と間違われたし。
すごいレトロな看板に、お気軽にお寄り下さいって書いてあったし。

んん〜、果てしなくマッチしそうだ。。

時計は23時を回っていたが、このままでは帰れないありけんはギターを持って『フォークソング』に向かった。

知らない店に入るのって勇気がいるよね。
しばらく店の前で立ちつくした後。
えーい!お酒飲まないけど入っちゃえ。

『フォークソング』は、木製の床とテーブル、椅子で、壁にはたくさんのギターがかかっていて、柔らかい照明の雰囲気のよい店だった。

全4曲のライブは即始まり、みんな暖かく聞いてくれた。

こうしいて徳山のライブは、はしごライブとなった。

完全燃焼でした(笑)

『ライズ』のみなさん、『フォークソング』のみなさん、ありがとうございました!
また行きます(もっと成長して)。


e0071652_1291274.jpg
【徳山市の街路樹。春はそこまで】




翌日、福岡へもどったありけんは博多駅でとんこつラーメンを食べた。
やっぱりおいしい。

この噴水の前で、未来について語ったなぁ。
予備校の時によく行った駅のミスタードーナツ、、騒いで2軒とも出入り禁止になったなぁ。
そこのパチンコ屋、しょっちゅう行ってたなぁ。。



福岡はどこを歩いても思い出がいっぱい。
だけど、決していい思い出だけではないんだ。
嫌な思い出も、いい思い出も、なんでもない帰り道の絵も。
それが故郷っちゃろうね。

はぁ

確かにここで生きとったっちゃね。


e0071652_1391359.jpg
【母校と香椎花園の間の並木道】



高校の頃、部活でよくここを走った。
きつかったー

景色が落ち着いたように見えるのは年のせいかいな、月日のせいかいな、季節のせいかいな。



(その2へ続く)
[PR]

by ak_essay | 2008-02-06 01:26
<< ありけん、南方ツアーに行く 【2】 『時々タイムスリップ』 盛岡冷麺 >>