「ほっ」と。キャンペーン

ありけんエッセイ集


有田健太郎のエッセイコーナーです
by ak_essay
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『時々タイムスリップ』  僕らは紙飛行機

僕の育った町は田舎の炭鉱町で、町外れの広い敷地には『たて坑』と呼ばれる今にも崩れそうな大きな廃ビルがあった。

中学生だった僕らはその頃、紙飛行機をどこまで飛ばせるかということに燃えていた。
屋上から飛ばすことにも飽きてきたある日、誰かが言ったんだ。

「たて坑から飛ばしたら、めちゃくちゃ飛ぶっちゃないと」

放課後、僕らはチャリで風になった。

『危険 立ち入り禁止!』がたくさん貼られた有刺鉄線をくぐりぬけ、誰かが垂らしたロープを使い、窓ガラスが全て割られたフロアを抜け、とにかくハトの巣だらけの階段をひたすら上り、やっと屋上に出た。

先生の机から頂いてきた(勝手に)大量のわら半紙をそれぞれお気に入りの飛行機に折り、飛ばしたんだ。

おお〜

それぞれ風まかせに飛んでゆく紙飛行機に、それぞれ何を思っていたのだろう。

「おれも飛びて〜」誰かが言った。

どこまでも見渡せる場所は、どこからでも見える場所でもある。
やがて四方八方からパトカーがやって来たのもよく覚えている。


e0071652_2191936.jpg



時は今。

屋上で働く僕は、珍しく47階という高層ビルの屋上にいる。
真剣な顔で仕事の話をしている僕の胸ポケットには、小型の紙飛行機。

すぐに落ちるのか、はたまた風に乗るのか、どこへ着地するのか、どんな飛び方をするのか。
だけど僕は知っている、飛ばす瞬間が一番楽しいことを。

隙を見て、さあ「ていっ!」

僕らはまだ飛んでいる。


e0071652_21114689.jpg
【現在のたて坑】
今は絶対に入れないようしっかりと鉄柵で囲われている。
文化財として残す、と言う意見もあるそうだ。
確かに、これを見ないと実家に帰った気がしないもんなぁ(笑)。


e0071652_028341.jpg
【8/15 富士スピードウェイ ゴール地点】
この日は、日本のアマチュア軽自動車の最大級のカーレースとコラボレーションライブということで、富士スピードウェイまで行ってきました。
前日夜に東京出発→明朝現地着(前ノリ)→昼ライブ→夕焼け帰路→深夜帰宅というネムネムハードスケジュール。
しかし、そんな眠気吹き飛ばすくらい気持のよいとこやったよ。

全然興味がなかったカーレースだったけど、目の前で見ると迫力満点!
写真はゴールした後のお披露目タイムみたいな時間。
いろんな車を見て回って楽しかった〜。


e0071652_0272288.jpg
【富士スピードウェイ ゴール前にて】
カーレース150台の参加者がみんなで記念撮影をしている隙に…
早足でゴールイン!
みんなの視線が痛かった。


e0071652_0334334.jpg
【8/23 亀戸Sun Street 野外ライブ】
こちらは東京おんりぃわん野外ライブ第3弾!
ほのぼのきまわりないこの会場でのワンシーン。
スリービーラインには珍しい客層のお客様(笑)。
素敵な空間をありがとう!


e0071652_0382593.jpg
【再び富士スピードウェイ】
帰り際にて、風は涼しく富士を望む。
気分は晴れ晴れなのだがこの数分後、車の前照灯を消すのを忘れててバッテリーが上がっていたことを知る一行であった。
車好きが集まる大イベントでの情けないSOS。
カーレーストラブル用のレスキュー車に助けられました…。
犯人は私です。

車を貸してくれたリブハリウッドのみんな、ごめんなさい!


しかし、日焼けでまっくろです。
サポートメンバー、スタッフの皆さん、素敵な旅をありがとう!
[PR]

by ak_essay | 2006-08-24 21:56
<< 『時々タイムスリップ 』 替え... 君の町、僕の町 >>