ありけんエッセイ集


有田健太郎のエッセイコーナーです
by ak_essay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ありけん表彰状

 16時の地下鉄はガラガラで、7人掛けのシートの端に座った僕は本を読んでいた。
 進む電車は、幾つ目かの駅でその女性を乗せた。
向かいのシートに座った女性は、とてもきれいな人だった。
きれいと言うか、かわいいと言うか、『魅力的』という言葉が適切かもしれない。
本(なぜかビジネス書)を読んでいた僕は、思わずじーっと見てしまった。
 地下鉄はやがて地上に出て、直通運転を始めた。
外は夕立だった。

 バラバラと風のように強弱を作って打ち付ける夕立の中を、電車は西へと走ってゆく。
車内はいぜんガラガラだった。
 本を読んでいるはずの僕だったが、時々彼女を見てしまう。
蛍光灯ではなく自然の明かりの中の彼女は、さらに魅力的だった。

 じー…

 男女を問わず、魅力的な人っていいよね。
その人の回りはなぜか、花が咲いたような明るい空気になってしまう。
そういう人は、だいたい表情に内からなる笑顔が含まれているように思える。
人の『よい印象』とは、顔立ちも半分はあるが、残りの半分は『笑顔のきれいさ』なのだそうだ。
 自分もいつも笑顔でいようと心がけて一日をスタートさせるのだが、、難しい。
なんてったって日々は大変だ。
すぐプンプンしたりしてしまう。
いかんいかん、と思い直して心を落ち着けることは多い。

 やがて自分の降りる駅がやって来た。
僕は、彼女に表彰状を送りたいという衝動にかられた。
『あなたはきれい。ありがとう!』そんな、表彰状である。
それをさっと彼女に渡して、「ありがとう」と一言ってすっと降りるのである(変態)。

 しかしさすがにそれは無理なので、心の中でありがとう。
そう言った僕は、タタッと電車を降りた。


f0167444_2193129.jpg
【飛び出せないで駅の前】


 新しくなった駅の出口で雨宿りをしている。
雨は中降りといった様子。
 飲み屋のアルバイターも雨を避けるために同じ軒先でティッシュを配っている。
すこし仲間意識。
 雨ですねぇ。困りますねぇ。

 水たまりの暴れ具合で計る雨の勢い。
西の空に陽が射してきているけど、まだまだ止みそうにはない。

 時間がある時の雨宿りは好きだ。
何か思い出してみようと記憶を辿ってみる。
 だけど、今日はなんだかぽーっとしていて何も浮かばない。
近くで同じく雨宿りをしていた人が、もういいやと決断し、もう一つの世界へ飛び出していった。

 i-podと携帯電話は濡れないようにポッケの奥にしまおう。
 鞄の中にある折り畳み傘は、出さない。
 そして僕も、すっと出発。

 わーい!雨だ。
 
 そして口角を気持ちばかり上げて、笑顔で歩いてゆこう。
さあ、よい顔になっているかな。


f0167444_2192833.jpg
【雨宿り中】
どこで屈んでもそこに世界。


f0167444_219254.jpg
【気圧の谷】
等圧線越えの強風。
やがて風は止み、次の天気がやって来る。
梅雨明けはまだかな。
[PR]

by ak_essay | 2010-07-04 21:14
昼休み、トムソーヤ気分 >>